Blog
ブログ

お宮参りには出張撮影が人気!おすすめの理由を紹介

2022年4月13日

こんにちは、フォトグラファーの町野健です!

赤ちゃんが誕生してから初めてのイベントとなるお宮参りでは、新生児を卒業したばかりのまだ小さな赤ちゃんの晴れ姿を、ぜひ記録として残しておきたいものです。お宮参りの撮影はスタジオや神社などさまざまな場所で行われますが、出張撮影を利用すると、魅力的な写真を多く残すことができますよ。

今回は、出張カメラマンにお宮参り撮影の人気が高まっている理由などを見ていきましょう。

お宮参りとは?何をするの?

お宮参りは生後1か月の赤ちゃんを連れて神社にご祈祷へいく行事です。生まれた土地の神様に赤ちゃんの誕生を報告し、健康に成長してくれることを祈願するという意味があります。

お宮参りの正式な日程は、男の子が生後31~32日、女の子が32~33日だそうです。最近はご両親の仕事の都合などもあり、厳密な日程を守るよりも生後1か月前後の日程の合う日に行くというご家庭が多くなっています。

お宮参りの内容に細かな決まりはありませんが、外せないのが神社へ参拝・ご祈祷です。このほか、お宮参りに同行するメンバーやご家庭の方針などにより、記念写真撮影や食事会などを実施する場合もあります。

お宮参りに向けた準備

お宮参りに向けて必要な準備は大きく3つです。尚、お宮参りは産後1か月で実施する行事ですが産後の赤ちゃんとの生活は何かとバタバタしてしまいます。

時期によっては神社や写真館、レストランなどの予約がギリギリには取れないこともありますので、出産前にある程度準備を進めておくのもおすすめです。

各種予約

神社でのご祈祷やプロカメラマンによる記念写真撮影、会食を希望する場合には、事前に予約が必要です。

神社は基本的に地元の神社へ参拝・ご祈祷に行きますが、縁のある神社、有名な神社へ行きたい場合はそちらを選んでもかまいません。ご祈祷を希望する日時の予約を入れ、その際に初穂料の金額なども確認しておくとスムーズです。

写真スタジオや出張カメラマンへの依頼はもちろん、会食会場への予約も、早い段階で人数を決定し予約を入れましょう。小さな赤ちゃんを連れての会食なので、個室や和室のお店がおすすめです。

持ち物の確認

退院後はお宮参り前に行くまで、自宅内で過ごすママと赤ちゃんがほとんどです。初めてのお出かけ前には持ち物をしっかりと確認し、忘れ物のないようにして不安を軽減させましょう。お宮参りに必要な持ち物には、以下のようなものがあります。

・おむつ、おしりふき

・哺乳瓶、粉ミルク、お湯

・授乳ケープ

・赤ちゃんの着替え

・抱っこ紐

・タオル、ガーゼ

・ベビーカー

・初穂料

また、季節によっては暑さ、寒さが厳しいこともあります。無理にお宮参りに行かず、時期をずらすといった選択肢もありますが、夏や冬に御宮参りに行く場合は日焼け止めや日傘、保冷シート、扇子、ブランケット、上着など暑さ、寒さ対策のできるものも忘れないようにしましょう。

設備のチェック

神社や写真スタジオ、レストランなどに赤ちゃんのための設備が整っているのかも、事前にチェックしておくことをおすすめします。おむつを替えたり授乳したりするためのスペースがない場合には、おむつ替えシートや授乳ケープは必須です。反対に、こうした設備が整っていることがわかれば、持ち物を減らすことができます。

お宮参りの記念写真、出張撮影が人気の理由は?

お宮参りの写真をプロに依頼する場合、スタジオや写真館など屋内での撮影、もしくは出張カメラマンへの依頼の大きく2種類に分かれます。写真館での撮影は古くからおこなわれていましたが、最近は出張によるロケーション撮影も人気が高まっています。その理由は大きく3つです。

自然体な写真が残せる

出張撮影最大の魅力は、自然体の写真を残せる点です。屋外での撮影は写真スタジオとは異なる解放感があります。「写真を撮られる」という緊張感がないので、自然な表情を残すことが可能です。

また、ご祈祷の様子や集合写真はもちろん、お仕度から移動、会食などお宮参りの1日の記録を形として残せるので、将来見直したときに「ご祈祷のときは~だった」「会食では〇〇なことがあった」など思い出話に花を咲かせることもできるでしょう。

多くのデータを納品してもらえる                

写真スタジオで撮影すると購入した写真のデータのみしかもらえないこともありますが、出張カメラマンによる撮影は、データ納品されるケースが多いです。スマホやパソコンで共有したり、年賀状にデータを使用したり、オリジナルのアルバムを作成したりと、データはさまざまな用途に活用できるので嬉しいポイントだといえます。

移動を短縮できる

お宮参りの出張撮影は、基本的にご祈祷に行く神社で行われます。写真スタジオで撮影をする場合には、神社からスタジオ、もしくはスタジオから神社という移動が生じますが、出張撮影ならこうした移動を短縮し、お宮参りと一緒に撮影を完了することができます。

赤ちゃんを抱えてのおでかけは予定通りに進まないことも少なくありません。時間にゆとりを持ちながら、美しい写真を残すことができるのも、出張撮影の魅力でしょう。

出張撮影を利用する際の注意点

魅力たっぷりの出張撮影ですが、以下の点に注意しましょう。

・天候に左右されることがある

・衣装や着付け、ヘアメイクなどはセルフでしなければならない

・アルバムなどを自作する必要がある

屋外での撮影は天候によっては延期、中止となる可能性があります。また、出張カメラマンは基本的に撮影のみを実施しており、準備には関わりません。衣装や小物の用意や着付け、ヘアメイクなどは自身で行う必要があるので覚えておきましょう。

さらに、多くのデータを納品してくれますが、写真立てやアルバムといった商品を用意していないケースも少なくありません。データをどう生かすかはご家庭により異なりますが、アルバムなどをセルフで作る必要性があるので、忙しくて忘れてしまうといった方には向いていないかもしれません。

町野健写真事務所で、お宮参りの赤ちゃんをよりよく撮影しませんか

赤ちゃんが晴れ着に身を包み、誕生の報告と健康祈願に行くお宮参り。生後1か月の赤ちゃんとのお出かけには不安があるかもしれませんが、予約や持ち物などの準備をしっかりと済ませ、安心して当日を迎えたいですね。

節目となる記念の写真は出張撮影を選ぶと神社で済ませることができ、データも多く残せます。ぜひプロカメラマンによる美しい仕上がりの写真で、よりよい思い出を作ってはいかがでしょうか。

町野健写真事務所は、今回ご紹介させていただいたお宮参りの出張撮影をはじめ、家族写真やブライダル撮影、コスプレ撮影など幅広い撮影に対応したプライベート撮影を承っています。マタニティフォト、七五三、ご入学などお子さまの節目に合わせた撮影も得意としておりますので、ぜひご相談ください。

さまざまな撮影を長年行ってきている経験豊富なカメラマン、町野健が静岡県東部や神奈川県、東京都を中心に、全国どこでも出張、撮影いたします。

また、個人事業主や法人の方のプロフィールや店舗、商品撮影などを行うビジネス撮影も、当事務所にて承っています。枚数制、時間制などさまざまなプランをご用意していますので、撮影枚数に応じて最適なものをお選びいただけます。

当事務所はリーズナブルな撮影料でサービスをご提供しており、静岡県・神奈川県・東京都は出張料も無料!撮影データは最短翌日から1週間以内の納品が可能と魅力もたっぷりです。

個人写真家ならではの充実のサービスで、多くのお客様にご満足いただける撮影を実現いたします。ご予約、お問い合わせはホームページのお問い合わせフォーム、公式LINEより、ご連絡ください。また、FacebookやInstagramなど各種SNSも随時更新中です!ぜひチェックしてみてくださいね。