Blog
ブログ

マタニティフォトを静岡の名所で!ロケーション撮影なら出張カメラマンがおすすめ

2022年4月12日

こんにちは、フォトグラファーの町野健です!

赤ちゃんがお腹に宿った証として出産前に大きなお腹を撮影する「マタニティフォト」が昨今高い人気を集めています。マタニティフォトの撮影はスタジオだけでなく、美しいロケーションもおすすめです。

今回は、マタニティフォトを撮影する魅力やロケーションでのマタニティフォトをおすすめする理由などをご紹介します!

マタニティフォトとは

マタニティフォトは、妊娠中に撮影する「我が子との最初の記念写真」です。お腹のなかに赤ちゃんがいる時間は限られており、神秘的な妊婦姿は何度も経験できるものではありません。

そんな様子をカメラに収め、妊娠中の思い出とする、また赤ちゃんとの初めての写真を撮影することで家族の原点の記録を残すという意味でも、マタニティフォトは多くの妊婦さんから人気を集めています。

ちなみに、マタニティフォトを撮影する時期は、お腹のふくらみが目立つようになってくる妊娠7か月ごろから、いつ生まれてもおかしくない臨月を避けた妊娠9か月頃までがおすすめです。

マタニティフォトの魅力

マタニティフォトには大きく3つの魅力があります。1つは、貴重な時期の思い出を形に残せる点です。前述の通り、妊娠は何度も経験できるものではありませんし、その期間も限られています。赤ちゃんとママがつながっている短い期間の思い出を写真に収めることで、出産後にも見直すことができるでしょう。

2つ目は、神秘的な妊婦姿を客観的に見ることができる点です。大きなお腹を鏡に映してみることはあっても、客観的に自身の姿を見るということはできません。プロカメラマンによる撮影で、神秘的な妊婦姿を客観的に見ることができれば、改めて「赤ちゃんがお腹の中にいる」「新しい命がこれから誕生する」という期待に胸を高鳴らせることができます。

3つ目はお子さまが大きくなってから、一緒に写真が見られる点です。お子さまはお腹の中にいたときの様子を知ることができませんが、マタニティフォトがあればその写真を見ながら妊娠中のこと、出産時のことなどをより具体的に思い出し話してあげることができます。「自分が母親のお腹の中にいた」という証があれば、お子さまもよりお母さんとの強いつながりを実感することができるのではないでしょうか。

セルフ?プロに依頼?マタニティフォトの撮影方法

マタニティフォトを撮影したいと思った場合、撮影方法はセルフとプロカメラマンへの依頼の大きく2つにわかれます。

セルフでの撮影は費用をかけないで行えるのが最大の魅力です。最近はスマホやデジカメの性能もよいので、比較的美しい写真を残すことができます。飾りつけや衣装にもこだわれば、そのご家庭だけの個性的な1枚を残すことも可能です。

しかし、セルフの場合は必ず家族の誰かがカメラマンにならなければなりません。ママ単体、ママと兄・姉となるお子さまとの写真ばかりになってしまう、タイマーだとうまく集合写真が撮れないといったデメリットがあることを覚えておきましょう。また、撮影した写真をアルバムや写真立てにするといった手間もかかってしまいます。

プロカメラマンに依頼すると費用はそれなりにかかるものの、ハイクオリティな写真を残すことができます。マタニティフォトの撮影経験が豊富なカメラマンは、どういったポーズやアングルがお腹を強調したり妊婦さんを美しく見せたりできるのかを熟知しているので、撮影に関して安心して任せられるのも、魅力の1つです。

夫婦、ご家族での撮影も可能なこと、データ納品はもちろん、希望によってはさまざまな商品を購入できるのもプロカメラマンに依頼するメリットだといえます。思い出をより美しく残すのであれば、セルフではなくカメラマンへの依頼をおすすめします。

マタニティフォトはスタジオ?ロケーション?おすすめは…

マタニティフォトの撮影はスタジオやロケーションなど、さまざまなシチュエーションで実施されます。どちらも美しい写真を残すことができますが、迷っている場合にはロケーション撮影がおすすめです。

スタジオ撮影は天候に左右されない、照明やセット、背景などがそろっていてさまざまな衣装に合わせた雰囲気を作りやすいといった魅力があります。デリケートな妊婦さんの体調にも不安なく撮影ができますが、奥行きがない、ワンパターンな写真になりやすいといった点がネックです。

一方のロケーション撮影は、天候によって撮影が中止・延期になる可能性があったり、暑さや寒さによる体調への影響がやや不安であったりするものの、奥行きのあるさまざまなショットを残すことができます。夫婦、ご家族の思い出の場所、近隣の絶景などお好きな場所での撮影は妊婦さんにとっても気分転換になるでしょう。

気候のよい晴れた日なら自然光が素晴らしい照明となり、撮影ポイント付近でのお散歩なども楽しむことができます。

海や自然豊かな公園、可愛らしいオブジェなどのあるポイントがお近くにある場合には、ぜひ夫婦・親子で素敵な衣装に身を包み、ロケーション撮影を体験してみてください。

静岡県内の病院での撮影も、町野健写真事務所で

マタニティフォトは短い妊婦生活の記録を残し、赤ちゃんと母親とがつながっていた貴重な瞬間を形にするものです。撮影の瞬間はもちろん、仕上がった写真は長く思い出として重宝されるので、撮影を迷っている妊婦さんはぜひ撮影をご検討ください。

町野健写真事務所は、今回ご紹介させていただいたマタニティ撮影をはじめ、家族写真やブライダル撮影、コスプレ撮影など幅広い撮影に対応したプライベート撮影を承っています。、さまざまな撮影を長年行ってきている経験豊富なカメラマン、町野健が静岡県東部や神奈川県、東京都を中心に、全国どこでも出張、撮影いたします。

マタニティフォトにおすすめのロケーションや、よりよい写真に仕上げるための衣装、小物、ポージングに関するご相談も行っていますので、お気軽にお声がけください。

また、個人事業主や法人の方のプロフィールや店舗、商品撮影などを行うビジネス撮影も、当事務所にて承っています。枚数制、時間制などさまざまなプランをご用意していますので、撮影枚数に応じて最適なものをお選びいただけます。

当事務所はリーズナブルな撮影料でサービスをご提供しており、静岡県・神奈川県・東京都は出張料も無料!撮影データは最短翌日から1週間以内の納品が可能と魅力もたっぷりです。

個人写真家ならではの充実のサービスで、多くのお客様にご満足いただける撮影を実現いたします。ご予約、お問い合わせはホームページのお問い合わせフォーム、公式LINEより、ご連絡ください。また、FacebookやInstagramなど各種SNSも随時更新中です!ぜひチェックしてみてくださいね。